D.Smirk.Blog Written by D.Smirk

2拍3日の旅行の持ち物紹介【バッグ1つで身軽に旅を楽しもう】

ミニマリズム


こんにちは、Mr.Kidsです。

先日2泊3日の国内旅行にウエストポーチ1つで行ってきたので、その際のパッキングをご紹介していきます。

本質さえ理解できれば、カバン1つで国外旅行も可能ですので、旅行の荷物を減らしたいと思っている方や、ミニマリストの方など、参考にしてみてくださいね。

貴重品(4点)

手ぶら財布

こちらはミニマリストしぶさんの開発した「手ぶら財布」と言う商品です。かれこれ2年ほど使っていますが、いまだにお気に入りの財布です。

中はこのようになっており、プラカード3枚、お札3枚、▽部分に鍵を1つ、鍵収納裏にレシートや小銭などを入れることができます。

https://cores-ec.site/less_is/products/detail/39

プラスチックカード(3枚)

財布の中に入れて持っていったカードはこの3枚。身分証明書としてのマイナンバーカード、メイン決済用の楽天クレジットカード、現金が必要になった時用のお守り楽天キャッシュカードになります。ちなみに今回の旅では、クレジットカード以外は使いませんでした。

小さい小銭入れ(+ラバーストラップ)

こちらは、アブラサスの「小さい小銭入れ」&僕の公式グッズ(ラバーストラップ)。

中身はこのように小銭が入るスペースと、緊急時用の6つ折りにした1,000円札が入っています。ちなみに小銭を入れる部分は、最大 999円分※ が入るようになっています。

(※500円1枚/100円4枚/50円1枚/10円4枚/5円1枚/1円9枚・計20枚)

裏側はこのようになっており、鍵を2つまで収納することが可能です。

https://superclassic.jp/?pid=51202&gclid=CjwKCAjwn9v7BRBqEiwAbq1Ey8XMKyvLWXEd8ST6Ng70TDqPPQCsZuID2JcSE6vjC2YzWf4Y-McVYRoCFkIQAvD_BwE

現金(2万円分ほど)

念のための現金。今回の旅行先に離島が含まれていたので、クレジットカード決済ができない可能性や、友達への割り勘で使用する為に、余裕を持って2万円ほど所持。

結果的にはほとんどがクレカ決済が可能だったので、ほぼほぼ現金は使うことなく旅が終了しました。(早く全国的にキャッシュレス決済が進んで欲しいものです、、、)

ガジェット(5点)

iPhoneXR(128GB)Black

地図、キャッシュレス決済、計算機、連絡ツール、電車乗り換え、暇つぶしなどなど、現代の日本で、これなしでは旅が始まりません。絶対に必要な文明の利器ですね。

[itemlink post_id=”5005″]

Air Pods Pro(+専用カバー)

ZEROSHOCKケースに入っているAirPods。

新幹線の中で集中して作業したいときや、自由時間にYouTubeをみたり、ランニング中に音楽を聞いたりと、様々な場面で活躍してくれます。

また、AirPods Pro には、ノイズキャンセリング機能がついており、周りの雑音をほぼほぼクリアに消してくれるので、旅行先で集中して作業する場合などにはめちゃくちゃ役立ってくれます。

[itemlink post_id=”5003″]

[itemlink post_id=”5004″]

ANKER(プラグ付きバッテリー)

このバッテリーは、本来のバッテリーとしての使い方の他に、プラグに差し込んで自身の充電も行える、1台2役の優れものです。よってわざわざバッテリーの他にスマホをコードに挿し組むためのプラグを持ち運ぶ必要がなく、荷物を少し減らすことが出来ます。

そして、夜寝る前に、このバッテリーをプラグに差し込んで、バッテリーとスマホをケーブルで繋いでおけば、朝起きた時には、スマホの充電と、バッテリーの充電の両方が完了させることが出来ます。

[itemlink post_id=”5002″]

ANKER(大容量バッテリー)

先ほど紹介したバッテリーは充電容量がそこまで多くなく、iPhoneXRの場合、フル充電1回分しか充電できません。そこでiPhoneXRをフル充電3回ほどできる同メーカーの大容量バッテリーも持っていきました。

ただ、今回の旅では残念ながら使う機会はありませんでした。

[itemlink post_id=”5001″]

Anker(充電ケーブル/3種対応)

こちらも上記で紹介しているバッテリーと同じメーカーの充電ケーブルになります。

先端の差し込みを変更するだけで、

  • microUSB
  • Lightningケーブル
  • USB C

を使うことが出来、無駄に何本もケーブルを持つ必要がありません。

[itemlink post_id=”5000″]

先ほど紹介した充電器と組み合わせるとこんな風になります。

衛生品(5点)

リップクリーム

乾燥肌には欠かせないリップクリーム。僕はいつもメンソレータムのリップを使っています。

[itemlink post_id=”4999″]

保湿剤(2種)

こちらも乾燥肌には欠かせない必須アイテム。市販品ではなく、皮膚科で処方されるものになります。

コンタクトレンズ 5日分

普段は、2weekを使用しているのですが、旅行先で洗浄液を用意したり洗浄したりするのが面倒なので、旅行初日を含めて計5日分を用意していきました。本来であれば、3日分で大丈夫なんですけど、コンタクトレンズを装着中に切れたり、目が腫れたりした際の緊急時用として2日分多めに持っていきました。

[itemlink post_id=”4998″]

https://www.menicon.co.jp/products/lense/magic/

剃刀「Gillette」5枚刃

本来であれば宿泊先に置いているので必要ないものですが、僕の髪型(モヒカン)上、5枚刃以上じゃないと綺麗に剃れない為、今回は止む無く持っていきました。シェービング剤は、宿泊先にある物を使用。

[itemlink post_id=”4997″]

使い捨てマスク(4枚分)

このコロナ時期なので、ほとんどの飲食店やショップなどで着用を求められている為、持って行きました。案の定、ほぼ100%の確率でマスク着用を求められた為、正解でした。必要なマスクは3日分でしたが、マスクの紐がたまに切れて使えなくなったりする為、念のために1日分多めに持って行きました。

[itemlink post_id=”4996″]

衣服(9点)

ドライTシャツ(2着)

速乾性のあるポリエステル素材で、薄くて軽い最強のインナー。着用分を含めて2着を旅行に持ってきました。綿素材のTシャツなどは基本的にかさばってしまう為、このようなスポーツウェア系の服じゃない限り、ウェストポーチ1つで旅をすることはほぼ不可能です。宿泊先のコインランドリーを使ったり、風呂場で洗濯して部屋干しをすることによって、2着で何泊でも旅行することが可能です。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E423524-000/00?colorDisplayCode=09

ユニクロパーカー(1着)

寒い時用のパーカー。ユニクロで購入。使わない時はホテル内や荷物預かり所などに置いておくか、腰に巻いていました。夜の散策などで非常に助かりました。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E419503-000/00?colorDisplayCode=03

下着(2着)

GUで売られているメンズ下着。僕は家に同じ柄の下着が4着あり、その内、着用分を含めて2着を旅行に持ってきました。こちらの商品も「ドライTシャツ」同様、速乾性があり畳むと非常に薄くなる為、カバンの中の容量を圧迫せずに済みます。また、宿泊先のコインランドリーを使ったり、風呂場で洗濯して部屋干しをすることによって、2着で何泊でも旅行することが可能です。

https://www.gu-global.com/jp/ja/products/E325935-000/00?colorCode=GCL09

ドライパンツ(1着)

ユニクロで売られている、速乾性のあるドライパンツ。着用分の1着のみ持って行きました。今回の旅は2泊3日だった為、洗濯をすることを前提にしていませんでしたが、1週間を超えるような旅であれば、洗濯できるように、ショートパンツなどを用意するといいかもしれません。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E422967-000/00?colorDisplayCode=09

靴下(2セット)

ユニクロで売られている、フリーサイズの靴下。ドライTシャツ、ドライパンツ同様に洗濯して使い回す予定だったので、着用分を含めて2セット用意。綿素材の為、若干部屋干しでの乾きが悪く、少しだけ乾いてない部分などがあったりしました。そんな時は備え付けのドライヤーやコインランドリーの乾燥機能を利用しましょう。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E432656-000/00?colorDisplayCode=09

靴(1足)

GUで売られている、スポーツ用の靴です。今回の旅ではお洒落をするつもりもなかったので、軽くて歩きやすい、通気性の良いシューズを採用しました。

https://www.gu-global.com/jp/ja/products/E320690-000/00

小物・アクセサリー(6点)

折り畳みハンガー(3セット)

今回は荷物を減らす為に、ドライ系の衣服を用意して洗濯した後に部屋干しをする予定だったので、ステンレス製の折り畳みハンガーを3本用意。一人旅だと備え付けのハンガーで事足りるのですが、今回は2人旅だった為、念の為用意して行きました。

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182107203

折り畳み傘

こちらはセブンイレブンで売っている折り畳み傘です。ワンタッチでオープンでき、閉じる時も簡単に操作でき、折り畳み式なのでそのままウェストポーチに入れることが出来ます。ちなみに普段使いの傘もこれ1つです。

ブレスレット

特に意味はないですがお守りとして持って行きました。小さいし特にかさばるわけでもないので、アクセサリーとして使用。

ウェストポーチ

上記の荷物を全て入れる為のウェストポーチ。肩にかけて身軽に移動できる為、荷物を忘れると言ったトラブルを発生させることなく、また盗難防止にも役立つ優れものです。愛用バッグの一つ。

現地調達したもの

レジ袋

コンビニ等で何度か貰いました。嘔吐対策、帰りの荷物の仕分け、緊急時の袋として様々な用途で役立ちます。また必要なくなったらすぐに捨ててしまえるのもいい点。

速乾ハーフパンツ

こちらはランニング用に、汗をドライパンツに吸着させない為に現地のユニクロで購入しました。この商品も速乾素材の為、最悪雨などでびしょ濡れになっても部屋干し等ですぐに乾かすことが出来ます。

トレーニングやランニングなどを旅行先でも行いたい人は、散策用とは別にもう1着スポーツウェアを用意しておくほうがいいかもしれません。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E422966-000/00?colorDisplayCode=09&rrec=true

ペットボトル(飲料)

水筒などはかさばってしまうし、何より重量感がある為、身軽な旅を楽しむことが出来ません。水分などはコンビニや自動販売機などをうまく利用して身軽な旅にしましょう。

あれば良かった物

ペットボトルホルダー

[itemlink post_id=”4995″]

ペットボトルを買ったはいいものの、そこそこ大きいからバッグに詰め込むとパンパンに膨れ上がる、、、。こんなことが起こりました。結局、手持ちで運んだり、バッグに詰めたりしましたが、カバンの金具部分にペットボトルホルダーを付けておくだけで手ぶらで身軽に移動することが出来るので、あったほうが良いかもしれません。(意外とペットボトルを持ちながら旅をするのってストレスです、、、)

本当にキャリケースが必要ですか?

今回は、ウェストポーチ1つで旅をする為のパッキングをご紹介しました。

性別、目的、価値観など、、、旅をする理由はみんな違いますが、確実に言えることは、荷物が少なくなればなるほど、身軽になれます。身軽になればなるほど、行動範囲が広がります。そして行動範囲が広がるほど、旅で得る経験を、より多く受け取ることが出来ます。

必要最小限のもので旅をすれば、もっと楽しい旅になるはず。

是非皆さんも、少ない荷物で身軽に旅をしてみてください。